news

2021年春JRダイヤ改正

昨日JR各社から2021年3月13日のダイヤ改正が発表された。鉄道コムに各社の公式リリースがまとめられている。共同リリースで旅客列車関係の目玉とされているのは、次の7件。 東海道新幹線の一部「のぞみ」の所要時間を短縮し、速達化を図ります 東海道・山陽…

JR西日本Aシートの指定席料金

JR東海の旅規改訂履歴に12月1日から適用として旅規139条の3が改定が記載され、JR東日本の旅規も12月1日現在に更新されている。これを反映してJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)を更新した。 JR西日本が12月1日から来年2月28日までの期間限定で新快…

都道府県別無人駅比率

駅の無人化が全国で拡大していると報じられている(NHK、朝日)。国土交通省が11月6日に開催した「駅の無人化に伴う安全・円滑な駅利用に関する障害当事者団体・鉄道事業者・国土交通省の意見交換会(資料)」を受けてのようだ。 気になったのは、都道府…

牟岐線阿波海南・海部間廃止など

一昨日公開した鉄道管理局所管区域対比(1950vs1949)のために過去70年の鉄道路線の開廃を調べていて、最近の状況のチェックを怠っていた。JR四国9月29日リリースによると、JR四国牟岐線阿波海南・海部間が10月末に前倒しで廃止された。阿佐海岸鉄道のDMV化…

Suica版回数券

JR東日本は10日付リリースで、Suica通期定期券を特定の時間に利用した場合と、Suicaのチャージ額を利用して同一運賃区間を繰り返し利用した場合のポイントの還元を2021年春開始すると発表した。 前者はJR東日本在来線首都圏エリアでピーク時間帯前「早起き時…

牟岐線阿波海南・海部間の阿佐海岸鉄道移管

JR四国が11日付リリースで四国運輸局に対し牟岐線阿波海南・海部間の鉄道事業廃止を届け出たと発表した。阿佐海岸鉄道阿佐東線へのDMV導入に伴い、同区間を阿佐海岸鉄道に移管するもの。四国運輸局からも廃止申請に係るヒアリングの公示があった。阿佐海…

気仙沼線・大船渡線の鉄道事業廃止

JR東日本は、11月12日付で国土交通省に対し、気仙沼線柳津・気仙沼間及び大船渡線気仙沼・盛間の鉄道事業の廃止を届け出た(リリース)。河北新報の記事によると、廃止予定日は1年後の2020年11月13日。 鉄道事業法28条の2(事業の廃止)第1項は、鉄道事業を…

阪急・阪神梅田駅等改称

阪急と阪神は、10月1日、梅田駅を大阪梅田駅に改称すると発表した。同時に阪急は河原町を京都河原町に、石橋を石橋阪大前に改称し、阪神は鳴尾を鳴尾・武庫川女子大前に改称する(阪急リリース、阪神リリース)。 はやりの市名+地名駅と大学名併称である。駅…

来春の旅規改正項目

来春のJR旅規改正に関係するリリースが2件出た。一つは、おおさか東線に適用する運賃について国土交通省近畿運輸局に認可申請したというJR西日本のリリース。新規開業区間は、特定都区市内、電車特定区間および大都市近郊区間に含まれることになった。特定都…

JR2019年春ダイヤ改正

昨日JR各社から2019年春のダイヤ改正が発表された。共同リリースで旅客列車関係の目玉とされているのは、次の8件。 東海道・山陽新幹線「のぞみ」の所要時間を短縮します 北海道新幹線(青函トンネル内)の速度向上により所要時間を短縮します 上越新幹線にE…

中央本線特急の自由席廃止

JR東日本は、10月30日付リリースで、2019年春から中央線の特急の自由席を廃止すると発表した。新型車両(E353系)への統一を機に、千葉・東京・新宿〜甲府・松本・南小谷間を運転する特急「あずさ」・「かいじ」などの普通車全車両に、「座席未指定券」*1を…

東急も有料座席指定サービス

東急は、10月23日付リリースで、12月14日から、大井町線・田園都市線に有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始すると発表した。大井町線6020系7両編成のうち1両を、ロングシート・クロスシート転換車両に置き換え、大井町・長津田間の急行として、平日夜下り…

JR西日本新快速の有料座席サービス

JR西日本は、10月24日の社長定例会見で、2019年春から新快速に有料座席サービス、『新快速「Aシート」』を導入すると発表した。概要は次のとおり。 「各座席へのコンセント」設置、「無料Wi-Fi」提供、「荷物スペース」設置 料金は1回500円、交通系ICカード…

京急が駅名変更案募集

京急の9月18日付ニュースリリース、京急沿線の小中学生から「わがまち駅名募集!」。大師線連続立体交差事業により地下駅となる産業道路駅を改称するにあたり、創立120周年記念事業として沿線の小中学生から、駅名変更案を募集する。募集対象は、都営地下鉄…

東京メトロの地下鉄90周年イベント

地下鉄90周年で日本鉄道賞の大賞を受賞した東京メトロが記念イベントを計画している。昨日発表した地下鉄90周年記念イベントは盛りだくさんで、興味深いものが多い(10月16日付リリース)。 イベント 実施時期 備考 (1) 90日間スタンプラリー 2017/10/27-201…

富山ライトレールの信用降車

富山ライトレールの10月5日付リリース。平日の朝ラッシュ時間帯(始発から9時まで)に実施していた「信用降車」(ICカード利用者を対象としたワンマンカー後方扉での運賃収受)を、10月15日から終日に拡大するという。 一般には信用乗車といわれ、駅員や乗…

関西電力の鉄道事業廃止

関西電力は、立山黒部アルペンルートの関電トンネルで1964年から運行してきたトロリーバスを、2019年4月以降電気バスに変更する。1993ー96年に投入した老朽化車両の更新に際し環境面と経済性を考慮したもので、これに伴う鉄道事業の廃止を北陸信越運輸局に届…

和久田康雄氏逝去

鉄道ピクトリアル7月号の最終頁に 本誌編集委員として長年にわたりご指導をいただいてきた、私鉄史研究の第一人者和久田康雄さんが逝去されました。ご冥福をお祈りいたします。次号で追悼文を掲載する予定です。 という、あまり目立たない記事が掲載されてい…

「木曽あずさ」・「諏訪しなの」

JR各社から夏の臨時列車が発表されたが、JR東日本のリリースに記載されている「木曽あずさ」と「諏訪しなの」が注目される。7月からの信州デスティネーションキャンペーンにあわせて、「木曽あずさ」は189系で新宿・南木曽間に、「諏訪しなの」は383系で名…

2017年3月JRダイヤ改正

JR各社は12月16日、2017年3月4日のダイヤ改正を発表した。北陸新幹線・上野東京ライン、北海道新幹線の開業が続いた2015年、2016年に比べ小幅の改正にとどまる。 旅規の改定は、57条、58条及び86条くらいか。JR北海道は、宗谷本線と石北本線の特急を再編し、…

西武多摩湖線の代行輸送

台風9号の雨で土砂が線路内に流入した西武多摩湖線は、萩山・西武遊園地間が不通になっている。西武鉄道が23日に発表したプレスリリースによると、復旧工事は1ヶ月かかる可能性があり、当面はバスによる代行輸送が行われる。 代行バスの運行区間は東村山・武…

JRと私鉄のフリーきっぷ

JR東海は26日、JR東海&16私鉄☆乗り鉄たびきっぷを発表した。JR東海の在来線と新幹線熱海・米原間及びJR東海エリアの16私鉄(近江鉄道を含む。名鉄、近鉄、大井川鉄道、四日市あすなろう鉄道、三岐鉄道三岐線と名古屋市営地下鉄は含まない)が乗り放題で、特…

JR西日本駅ナンバリング

JR西日本は2018年3月から近畿エリアの12路線・のべ300駅に駅ナンバーを導入すると発表した(7月20日付リリース)。すでに路線記号とラインカラーを導入しているが、これに駅ナンバーを付加する。JRでは、JR四国(2006年3月)*1、JR北海道(2007年10月)*2、J…

JR東日本が駅ナンバリング

JR東日本が東京電車特定区間の276駅を対象に、駅ナンバリングを導入すると発表した(4月6日付リリース)。JRではJR四国とJR北海道に次ぐ3社目で10月1日から順次実施する。アルファベット2文字の路線記号(頭のJは共通)と2桁の駅番号からなり、運転系統別に…

特急料金10円と時間制フリーきっぷ

JR北海道は3月26日のダイヤ改正で普通列車を削減する宗谷本線で、影響を受ける3町の町民に限って10円の追加料金で特急列車に乗車できる特別措置を検討中とのことである。毎日新聞の2月4日付記事。 JR北海道 宗谷線3町住民、10円プラスで特急乗車OK …

阿佐海岸鉄道にDMV

JR北海道が実用化を断念したDMVが阿佐海岸鉄道で日の目を見るかもしれない。NHKのサイトにDMV 徳島県が全国初の営業運転の方針という記事をみつけた。おそらくNHKのローカルニュースで報じられたのだと思うが、徳島県や地元紙徳島新聞のサイトには、リリ…

北海道新幹線の特企券

昨5日JR各社から北海道新幹線の開業に伴う各種特企券の取扱いが発表された(JR東日本のリリース)。 「青春18きっぷ」などで蟹田・木古内間の特急列車の自由席に乗車できる特例が廃止されるが、2,300円の「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入する…

気仙沼線・大船渡線BRT継続

JR東日本は、24日国土交通省で開催された沿線自治体との会合で、気仙沼・大船渡両線のBRTの継続を本復旧とする案を示したという。各紙の報道: 大震災:大船渡線と気仙沼線「鉄道復旧を断念」案を提示(毎日新聞) JR大船渡・気仙沼線の鉄路復旧断念を正式…

JR北海道廃線候補リスト

北海道新聞の記事JR廃線拡大の可能性 第三者委、7路線8区間を例示によると、JR北海道再生推進会議*1は、6月26日にまとめた提言書で、路線廃止を含めた「聖域ない検討」を求め、「利用が少ない区間」として輸送密度が500人/キロ以下の次の区間を例示し…

常磐線特急から普通列車グリーン車へのシフト

3月14日のダイヤ改正で新特急料金を導入した「ひたち」と「ときわ」の利用状況がJR東日本水戸支社から発表された。読売の4月11日付記事。 上野東京ライン、「ひたち」増加「ときわ」減少 JR東日本水戸支社は10日、3月14日に開業した「上野東京ライン…