web

1月31日の旅規改定

JR東日本の旅規が1月31日現在に更新されている。JR北海道の1月23日付公告によると*1、別表第4号(危険品)の改定(競技用ライフル銃用実包・空包の持込み数量緩和)だった。また156条(途中下車)の東京近郊区間に鶴見・羽沢横浜国大間が追加されていた。こ…

線路名称と事業基本計画

全国の鉄軌道路線リストの凡例に書いている通り、JRの路線リストは国鉄から引き継いだ、部線体系による「線路名称」と、JR発足時に各社が提出し、鉄道事業のみなし免許の対象となった「事業基本計画」に記載されたリストの2種類がある。基本計画は、部線体系…

鉄軌道路線リスト

web

1月3日の東京メトロ銀座線短縮を反映して、英語ページのRailways of Japanを更新した。手間取っていたのは、2019年度の「鉄道要覧」(2019年3月31日現在)で全路線・区間をチェックしていたため。 理解と違っていたのは、三陸鉄道の路線名。JR東日本から山田…

相鉄新横浜線開業に伴うウェブ更新

本日相鉄新横浜線羽沢横浜国大駅が開業、JR東日本と相鉄が相互直通運転を開始した。JR東日本の旅客営業規則が11月30日現在に更新された。78条の電車特定区間には鶴見・羽沢横浜国大間が追加されたが、156条の東京近郊区間には追加されていない(「きっぷあれ…

「JRの運賃計算ルールは複雑すぎる」更新

web

JRの運賃計算ルールは複雑すぎるを2019年運賃・料金改定版として更新した。2015年3月の北陸新幹線開業及び常磐線新特急料金体系以来の更新である。16年3月の北海道新幹線や今年3月の中央線特急料金が反映されておらず、「急行料金体系はもっと複雑だ」の改定…

旅規改訂履歴更新

消費税率改定に伴う旅規改定が施行された。旅規ポータルのJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)を更新した。運賃・料金の金額変更がほとんどで、疲れる作業だった。 現時点で、JR六社はウェブの旅規をすべて更新した。いつもはなかなか更新しない会社…

駅名関連ページ更新

明日10月1日実施の駅名改称は、9月17日ひたちなか海浜鉄道の日工前から工機前への改称が発表され、最終的に9社局27駅となった。 1日早くデータルームの駅名関連ページを更新した。更新したページは、駅名改称の研究、駅名改称 1987-2019、市名と駅名の関係(…

市代表駅・町村代表駅更新

データルームの市名と駅名の関係(市代表駅)及び町村名と駅名の関係(町村代表駅)を更新した。読者からメールで判定基準が統一されていないことと、誤記の指摘を受け、全面的に見直した。 このページは、2004年9月、「市代表駅(町村代表駅)」として掲載…

国鉄構内営業規則・広告取扱規則

5月23日の記事国鉄の副業規則でとりあげた、旧国鉄の構内営業規則と広告取扱規則の1982年3月現行版を入手し、旅規ポータルに日本国有鉄道構内営業規則対比(1982vs1954)と日本国有鉄道広告取扱規則対比(1982vs1957)を掲載した。 構内規則は、ほぼ1954年の…

駅がない市町村を通過する路線

市名と駅名の関係(市代表駅)及び町村名と駅名の関係(町村代表駅)を更新した。駅がない市町村をF区分としているが、駅はないが鉄道路線が通過している市町村に注記した。 市では、東海道新幹線が綾瀬市と牧之原市、山陽新幹線が宮若市、九州新幹線が那珂…

国鉄の副業規則

旧国鉄の副業は、鉄道(連絡船、自動車を含む)事業にかかわる附帯事業等に限られていた(日本国有鉄道法第3条)。駅構内、列車等のスペースを活用した附帯事業として、駅構内営業と広告媒体事業があった。その取扱いを定めた、日本国有鉄道構内営業規則(195…

乗車券類委託発売規程

旅規ポータルに国鉄時代の乗車券類委託発売規程を掲載した。1954年9月10日施行の規程(1954年規程)と1965年10月1日全面改定した規程(1965年規程)を対比している。 出典は、官報に記載された国鉄公示である(1954年規程は昭和29年9月9日公示第262号、1965…

国鉄末期とJR発足時の旅規・基準規程対比

旅規ポータルに旅客営業規則対比(1985vs1987)と旅客営業取扱基準規程対比(1985vs1987)を掲載した。国鉄末期の1985年7月10日現行の規則・規程とJR発足時の1987年4月1日施行のものとを対比したもの。なお、1985年時点の第9章旅行券はギフトカード及びオレンジ…

2019年春のウェブ更新(3)

web

ウェブ更新の第3弾の対象は、3月31日の横浜シーサイドラインの金沢八景駅延伸、4月1日のJR北海道石勝線夕張支線とJR貨物北陸本線敦賀港支線の廃止、長崎電気軌道の運賃改定。データルームの以下のページを更新した。 鉄道事業者の運賃比較及び別表 事業者(…

2019年春のウェブ更新(2)

web

本日の更新は、山田線宮古・釜石間の三陸鉄道移管関連の次のページ。 最長片道切符ルートの変遷 1961-2019別表 区間キロの推移及びThe Longest One-way Ticket 町村名と駅名の関係(町村代表駅) Railway News及びRailways of Japan 最長片道切符は、これま…

2019年春のウェブ更新(1)

web

3月のJRダイヤ改正時に更新を要するページが多いが、明日のおおさか東線延伸開業前に更新したページは次のとおり。 JR旅客制度特例の変遷 駅名改称の研究及び駅名改称 1987-2019 Railway News及びRailways of Japan JR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付…

最近のJR旅規改定公告

JR東海の運送約款の改正履歴はこまめにチェックしていたのだが、12月20日付と12月27日付の「旅客営業規則の一部改正」が掲載されていた。 12月27日付は、4月1日施行の「持ち込み禁制品の一部見直しに伴う改正」で、12月28日の記事で取り上げた旅規の改定条文…

旧国名駅関連ページ更新

読者から駅の漏れと誤りの指摘を受け、「国名*」駅−駅名接頭・接尾語考(2)及び別表旧国名駅を更新した。27駅を追加、2駅を削除して国名駅は累計941駅、現存604駅となった。 追加した駅には、飯山線の信濃平及び飯山鉄道時代の信州平がある。これまで非国名接…

鉄道事業者の運賃比較更新

鉄道事業者の運賃比較を更新、2018年12月版として掲載した。10月2日の万葉線、12月1日の北越急行の運賃改定を反映したもので、運賃ランキングをアップデートした。 北越急行は消費税の転嫁を除くと、開業後初めての値上げ。2015年の北陸新幹線金沢開業により…

クイズホームページ更新

第6回全国のJR駅五番勝負は、12月7日21時から72時間開催する。それに先立ち、クイズのページを更新した。 JRの駅五番勝負・難易度分析(問題別・回別)を掲載し、第5回までの全25問の銅メダル確定までの所要時間と誤答率による問題別難易度とこれを開催回ご…

富山地方鉄道の旅規

富山地方鉄道が鉄道線旅客営業規則と軌道線旅客営業規則をウェブに掲載していた。平成30年2月1日改正とあり、今春に掲載されたものと思われる。 富山地方鉄道には、稲荷町〜寺田〜岩峅寺〜稲荷町の環状線区間がある。パスネットの不思議の付表環状線の旅規規…

長崎電軌の停留所名改称

長崎電気軌道が8月1日、13の停留所名を改称していていた。遅ればせながら、駅名改称 1987-2018に追加し、駅名改称の研究の冒頭の駅名改称件数を変更した。 13件はすべて施設名である。長崎大学前→長崎大学、浦上車庫前→浦上車庫など「前」や「下」を外したの…

那珂川市誕生

web

明日10月1日の那珂川町(福岡県)の市制施行を反映し、データルームの市名と駅名の関係(市代表駅)及び町村名と駅名の関係(町村代表駅)を更新した。那珂川市には、JR西日本の博多総合車両所が立地し、九州新幹線が通過しているが、駅はない。2016年10月10…

市代表駅・町村代表駅更新

web

市名と駅名の関係(市代表駅)及び町村名と駅名の関係(町村代表駅)を更新した。きっかけは、読者からメールで誤記の指摘と過去に存在した駅の情報の提供を受けたためである。更新内容は、それぞれの改訂履歴に記載しているが、F区分(駅なし)の自治体と、…

JR旅客連絡運輸規則別表

6月15日に旅規ポータルに掲載した1986年11月1日現行の国鉄最後の連絡運輸別表に続き、民営化時点のJR旅客連絡運輸規則別表(1987年4月1日現行)と基準規程別表から作成したJR旅客連絡運輸区域(1987年4月1日現行)を掲載した。国鉄版は鉄道、航路、自動車線の順…

越前下関駅

データルームの「国名*」駅−駅名接頭・接尾語考(2)及び別表旧国名駅を更新し、漏れていた北陸本線旧越前下関(えちぜんしもぜき)駅を追加した。 越前下関駅は、丸岡と金津(現芦原温泉)の間に1938年6月1日開業し、2年半足らずで1940年11月1日廃止となった…

国鉄連絡運輸規則(1986)掲載

2月13日記事で紹介した1970年の国鉄連絡運輸規則に続いて、旅規ポータルに日本国有鉄道連絡運輸規則(1986年11月1日現行)を掲載した。国鉄末期、民営化の4か月前の規則である。あわせて、国鉄連絡運輸規則(1986)別表と国鉄旅客連絡運輸区域(1986)を掲載し…

最長片道切符ルートの誤記訂正

web

最長片道切符ルートの変遷 1961-2018の三江線廃止後の経路が間違っていると、読者からメールで指摘を受け、「新山口(宇部)居能」を「新山口(山陽)宇部(宇部)居能」に訂正した。 1975年の三江線開業により不通過となった新山口(当時は小郡)・厚狭間が、三江…

基準規程特例の周知

4月8日の記事で、基準規程153条の2の定期乗車券・回数乗車券による他経路乗車の取扱について書いたところ、JR西日本はJR東西線の開業後、この特例の周知につとめていたとのコメントがあった。 このような基準規程で定めている特例について、JR各社がウェブで…

あいの風とやま鉄道の旅規等

web

旅規ポータルのリンク集に、新たにウェブに旅規を掲載したあいの風とやま鉄道等を記載、あわせて、第3セクター旅規目次を更新した。乗継割引運賃やライナー券の規定が目新しい。 1月17日の記事で紹介した東急の12か月定期券は旅規に規定されず、単行規程の12…