3月14日の旅規改定

JR北海道から3月14日のダイヤ改定に伴う旅規改定が2月10日付で公告されていた。JR東海の運送約款の改正履歴にはまだ記載されていない。

特記すべきは、基準規程にあった特別車両料金(B)の特例が旅規に規定されたことである。基準規程101条の2の自由席特別車両券(B)の発売の特例(首都圏の普通列車グリーン車乗継)、101条の4の特定の特別車両券(B)の発売区間及び131条の5の特別車両料金(B)の特定が、それぞれ旅規58条4項、59条の2に、130条に規定された。

2011年版基準規程との差異は、旅規58条4項の適用除外の第11号として、2015年3月の上野東京ライン開業時に実施された

神田以遠(秋葉原方面)の各駅と新日本橋以遠(馬喰町方面)の各駅との相互間を乗車する場合

が追加された。また基準規程101条の4の第2号

中央本線中東京・高尾間及び青梅線(別に定める列車に限る。)

が旅規には規定されない。中央ライナー青梅ライナーの廃止に伴うものだろう。

このほか、「サフイール踊り子」・「WEST EXPRESS銀河」のグリーン料金が規定されている。どちらも急行料金の乗継割引は適用されない。

また、187条10号にただし書きが追加され、11月30日の記事のコメントで紹介されたJR東日本の回答が旅規に規定された。

第57条の3第2項の規定による場合の特別急行券の標記は、「B自由席特急券」の例により「B」を冠記して表示する。ただし、第125条第1項ロの(ハ)のbの料金を適用して発売する特別急行券を除く。

追記(2月16日):JR東海の運送約款の改正履歴にも2月13日付の旅規改正公告が掲載された。3月14日施行の改定だけでなく、4月1日実施の気仙沼線及び大船渡線のBRT区間の鉄道廃止、5月8日実施の札沼線北海道医療大学前・新十津川間の廃止もカバーしている。BRT区間の鉄道廃止により17条が次のように改定される。

気仙沼線BRT柳津・気仙沼間及び大船渡線BRT気仙沼・盛間の特殊取扱)
第17条 気仙沼BRT線柳津・気仙沼間及び大船渡線BRT気仙沼・盛間の一部又は全部の区間を乗車する旅客の取扱い等については、別に定める。

また、「四国まんなか千年ものがたり」の「全車両特別車両で運転する特別急行列車」への変更は4月18日乗車、「WEST EXPRESS銀河」は5月8日乗車となるものから実施と注記されている。156条の東京近郊区間への鶴見・羽沢国大間の追加は、11月30日遡及適用となっている。

本文に書かなかったが、3月14日から浪江以南が東京近郊区間、小高以北が仙台近郊区間となる。それぞれSuicaの首都圏エリアと仙台エリアに含まれる。その間桃内駅をはさんでわずか8.9キロなのに、エリアをまたがって利用することができない。

1月31日の旅規改定

JR東日本の旅規が1月31日現在に更新されている。JR北海道1月23日付公告によると*1、別表第4号(危険品)の改定(競技用ライフル銃用実包・空包の持込み数量緩和)だった。また156条(途中下車)の東京近郊区間に鶴見・羽沢横浜国大間が追加されていた。これに伴い、旅規ポータルのJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)を更新した。

永らく放置されていた85条(JR北海道との幹線相互を乗車する場合の追加)、157条(選択乗車区間の「南吹田方面」の追加)も訂正されていた。なお、各社の旅規は1月31日現在に更新され別表4が改定されているが、東京近郊区間に鶴見・羽沢横浜国大間を追加したのは、JR東日本だけである。

またコメントで情報提供があった阪堺電気軌道阪堺線恵美須町駅の移設に伴う0.1キロ短縮を反映して、全国の鉄軌道路線リストRailways of Japanを更新した。

 

*1:JR東海運送約款の改正履歴には、旅客連絡運輸規則の改正だけで、旅規の改正が記載されていない

相鉄新横浜線開業に伴うウェブ更新

本日相鉄新横浜線羽沢横浜国大駅が開業、JR東日本と相鉄が相互直通運転を開始した。JR東日本の旅客営業規則が11月30日現在に更新された。78条電車特定区間には鶴見・羽沢横浜国大間が追加されたが、156条東京近郊区間には追加されていない(「きっぷあれこれ」の大都市近郊区間の地図にもない*1。「きっぷあれこれ」の「運賃計算の特例」のページの特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例に時刻表掲載の3区間が掲載されたほか、新たに「横浜市内」発着となる乗車券による市外乗車の特例が記載された。

羽沢横浜国大駅開業に伴い、データルームの次のページを更新した。

「駅名改称の研究」は、表5学園駅に横浜国大駅を追加した。学園駅は125駅になった。"Railways of Japan"では、相鉄線の2.1キロを計上した*2。あわせて、6月30日廃止された太平洋石炭販売輸送臨港線を網掛け表示により削除した。"JR's Rule on Passenger Tickets"及び附表の"Express Charge 2019"は2015年以来の更新。羽沢横浜国大駅関連のほか、2016年開業した北海道新幹線を記載し、10月1日の運賃・料金改定を反映した。

旅規ポータルでは、JR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)を更新した。各社の旅規に記載されていない156条の東京近郊区間の改定は記載しなかった。また11月20日施行の改定(JR東海改訂履歴参照)を後追いで追加した。

また、クイズのページの全国のJR駅リストに羽沢横浜国大駅を追加し、4月設定された中央本線相模湖・高尾間の駅番号を記載した。第10回5番勝負は、12月13日開始する。

*1:JR西日本地図は更新されている

*2:11月20日の記事でJRの新線が0.5キロと書いたのは間違いで、横浜国大駅と横浜羽沢駅は鶴見からの営業キロが8.8キロで同じ。分岐線に営業キロは設定されないと思われる

旅規・基準規程の在来線特急料金規定

「JRの運賃計算ルールは複雑すぎる」の表11 急行料金体系の(2)にまとめている在来線特急料金の旅規・基準規程の規定の対応関係を改めて整理してみた。なお、基準規程の条項は2011年当時のものであり、変更になっている可能性がある。

発売規定 会社・区間・列車 種別 料金規定 おトク*1
規57条1号イロハ   指・立・自 規125条1号ロ(イ)a,b  
規57条1号ニ(ロ) 鳥取出雲市間、米子・益田間(>101km) 特定 規125条1号ロ(イ)c(a)
規57条1号ニ(ロ) 盛岡・秋田間 特定 規125条1号ロ(イ)c(b)  
規57条1号ニ(ハ) 別に定める区間 特定    
規57条の3,2項(基97条の2,1号?) JR東日本JR西日本JR九州以外 指・立・自 規125条1号ロ(ロ)a(a,b)  
特定 規125条1号ロ(ロ)a(c)  
JR東日本(あずさ・ひたち等以外) 指・立・自 規125条1号ロ(ハ)a(a,b)  
JR東日本(あずさ・ひたち等) 指(事前) 規125条1号ロ(ハ)b(a)  
指(車内) 規125条1号ロ(ハ)b(b)  
JR西日本 指・立・自 規125条1号ロ(ニ)a(b),b(a) *2
特定 規125条1号ロ(ニ)b(b)  
JR九州(あそぼーい!・かわせみやませみ以外) 指・立・自 規125条1号ロ(ホ)a(a,b)  
JR九州(あそぼーい!・かわせみやませみ) 指定席 規125条1号ロ(ホ)b  
基97条の2,2号 岡山・児島、宇多津、丸亀間(<=50km) 指・立・自 基129条の2,1号
基97条の2,3号 JR四国(<=50km) 基129条の2,2号アイ
基97条の2,4号ア 名古屋・亀山・新宮間、富士・甲府間、豊橋・辰野間、岐阜・猪谷間、多治見・塩尻間(<=50km) 立・自 基129条の2、3号ア
基97条の2,4号イ 松田・御殿場間(<=30km) 指・立・自 基129条の2,3号イ(ア)(イ)
基97条の2,4号ウ 三島・静岡間、静岡・浜松間、豊橋・名古屋間(>51km) 立・自 基129条の2,3号ウ  
基97条の2,5号 博多・博多南 指・自 基129条の2,4号
基97条の2,6号 越後湯沢・ガーラ湯沢 指・自 基129条の2,5号
規57条の2,4項 新在直通区間 指・立・自 基129条の2,6号アイ  
基97条の2,7号 JR北海道(>=150km) 指・立・自 基129条の2,7号アイ  
門司港/下曽根・博多間、吉松/霧島神宮鹿児島中央/宮崎・南郷間(>26km) 指・立・自 基129条の2,2項1号アイ
博多・直方間(>26km) 指・立・自 基129条の2,2項2号アイ
国分・鹿児島中央間、霧島神宮重富間、吉松・隼人間 指・立・自 基129条の2,2項3号アイ
東武鉄道直通 基129条の2,5項
成田エクスプレス」渋谷・千葉間 基129条の2,6項
スーパービュー踊り子」東京/池袋・伊東間(101~150km)  

発売規定と料金規定の対応が取れていない。ともに旅規に規定されているのは、旅規57条1号と125条1号ロ(イ)のいわゆる「A特急料金」だけである。旅規57条の3、2項の「特定の特別急行料金」は、旅規125条1号ロの(ロ)から(ホ)までの特急料金が対応しているが、「特定の特別急行料金で特別急行券を発売する区間」は、基準規程97条の2に委ねられていて、その対応関係は旅規に規定されていない。規程97条の2、1号の「B特急料金」区間がこれに対応していたと思われるが、運転区間がB特急区間外に及ぶ「ひたち」・「あずさ」の特急料金が旅規125条1号ロ(ハ)bに規定され、この関係がわからなくなった。

旅規57条の3第4項の新在直通区間の「別に定める」特急料金と基準規程97条の2第2号以下の区間の特急料金は、規程129条の2に定められている*3。基準規程97条の2に発売規定がないJR九州の一部区間については、129条の2に料金規定が旅規125条1号ロ(ホ)の例外として定められている。また東武直通と成田エクスプレスの千葉・渋谷間も、発売規定なしに料金のみ規定されている。「スーパービュー踊り子」の東京または池袋・伊東間の特急料金は、「おトクな特急料金」に記載されているが、旅規にも基準規程にも規定されていない。

旅規125条1号ロ(ロ)a(c)、125条1号ロ(ロ)a(c)及び125条1号ロ(ニ)b(b)に、1,320円の特定特急料金が規定されている。57条1号ニ(ロ)の鳥取出雲市間、米子・益田間は、A特急料金の125条1号ロ(ロ)a(c)だけに規定すればよいはずだ。57条の3、2項にも「別に定める区間」の特定特急券を発売するとあるが、基準規程に97条の2規定されていない特定特急券の発売区間があって、125条1号ロ(ロ)a(c)及び125条1号ロ(ニ)b(b)に定めているのだろうか。それでも、同じ1,320円というのは変だ。

本日「JRの運賃計算ルールは複雑すぎる」の表11(2)を再更新し、成田エクスプレス立席特急券の削除や条項の記載漏れの追加などを行った。

追記(11月27日):問題なのは、どの列車にどの料金表が適用されるか、旅規ではわからないことである。コメント頂いたように通達で規定されるものがあると、基準規程が公開されていてもわからないことになる。「成田エクスプレス」・「スーパービュー踊り子」のA特急料金適用も、根拠規定が見当たらない。

 

*1:各社webの「おトクな特急料金」に記載

*2:七尾線のみ

*3:新在直通区間が基97条の2第6号と7号の間に挟まれているのもよくわからない

時刻表12月号に相鉄・JR連絡線掲載

JTB時刻表JR時刻表の12月号が店頭に並んだ。11月30日の相鉄・JR連絡線開業に伴う、ダイヤ改正号である。新ダイヤは、JR時刻表では本文に記載しているが、JTB時刻表別冊付録JR・相鉄直通列車時刻表」で、埼京線湘南新宿ライン相鉄線(大宮~新宿~海老名)の時刻を掲載している

巻頭地図はどちらも、羽沢横浜国大駅と鶴見駅太い黒線で結んでいる。非営業路線を二重線で記載するJTB時刻表では、羽沢横浜国大駅は羽沢貨物線の途中から分岐し、相鉄線とつながっている。2月28日の記事で書いたように、鶴見・羽沢横浜国大間は8.8キロ、現行の鶴見・横浜羽沢間よりも0.5キロ長い。分岐点は横浜羽沢駅構内で、分岐点から羽沢横浜国大駅までの0.5キロはJRの新線のようだ。

9月9日付のJR東海の運送約款の改正履歴は、旅規156条2号イを改定していなかったが、鶴見・羽沢横浜国大間は、東京近郊区間に含まれている。特定分岐区間は、次の3区間が追加された(JTB時刻表の表記による)。基準規程149条第4-6号として規定されると思われる。

  • 横浜以遠(保土ケ谷または桜木町方面)の各駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間(鶴見-武蔵小杉)
  • 新川崎駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間新川崎-武蔵小杉)
  • 鶴見、新子安、東神奈川または川崎以遠(蒲田または尻手方面)、国道以遠(鶴見小野以遠)もしくは大口以遠(菊名方面)の各駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間(鶴見-横浜、新子安-横浜、東神奈川-横浜、鶴見-武蔵小杉)
鶴見・羽沢横浜国大間のように鶴見・武蔵小杉間が区間外乗車区間のケースでは、区間外を往復することができないから、近郊区間の選択乗車との併用によって川崎、南武線経由の乗車を認めるということだろう。
 

 

電車特定区間361-380キロ帯の運賃

JRの運賃計算は複雑すぎるの2019年運賃・料金改定版への更新作業を進めている。旅規の規定による運賃計算をExcelでしてみたが、電車特定区間運賃表の361-380キロ帯の運賃が計算と合わない。

東京電車特定区間361-380キロ帯の車券運賃の税前運賃は、5,500円。

=round(15.3*290+12.85*(370-290),-2)=5,500 ----(1)

消費額(税前運賃に100 分の 10 を乗じ10 円未満のは数を円位において切り上げた額)は、550円。

=roundup(rounddown(5500*0.1,0),-1)=550----(2)

式(1)と式(2)を合算した税後運賃は6,050円となるが、運賃表では5,940円である*1

上記(1)式の300キロまでの税前運賃と300キロ超の運賃を個別に100円単位で四捨五入し、これを合算すると、税前運賃は5,400円になり、

=round(15.3*290,-2)+round(12.85*(370-290),-2)=5,400----(3)

これに消費税を加えた税後運賃は、運賃表どおりの5,940円になる。

しかし、式(3)の方法で321-340キロ帯の運賃を計算すると、税前運賃が4,900円で、

=round(15.3*290,-2)+round(12.85*(330-290),-2)=4,900----(4)

これに消費税を加えると、運賃表の5,500円ではなく、5,390円となる。

400キロまでの他のキロ帯は、式(1)の計算で運賃表と一致した。上記の計算法のどこが間違っているのだろうか。

追記(10月22日):コメントを受けて、電車特定区間361-380キロ帯の運賃を再計算したが、やはり運賃表とあわない。

=round(15.3*300+12.85*(370-300),-2)=5,500  

で税前運賃は、5,500円。これに消費税

=roundup(rounddown(5500*0.1,0),-1)=550

550円を加算すると、税後運賃は6,050円で、運賃表の5,940円にならない。(ご指摘のとおり、賃率は12.15でした。計算があいました。)

バスさんの質問は、意味がよくわからない。
JR九州は、100キロまで対キロ区間制運賃となっているが、100キロを超え300キロまでの区間は17.75円の賃率で計算している。例に挙げられた121-140キロの運賃は、

=round(round(17.75*130,-2)*1.1,-1)=2,530

となり、運賃表の金額と合致する。
JR北海道も、今回の改定で100キロまで対キロ区間制運賃を採用した。100キロ超300キロまでは、JR九州と同じ賃率計算だが、200キロまでの19.70円と300キロまでの16.20円の2地帯に区分したのが違い。第77条の2第1項第2号(JR北海道)と第77条の4第1項第2号(JR九州は、どちらも

発着区間営業キロを次の営業キロに従って区分し、各その営業キロに対する賃率により、第77条第1項並びに同条第2項第3号及び第4号の規定を適用して計算した額とする。

で変わらない。

JR北海道地方交通線の456-473キロ、911-946キロ、1,092-1,128キロの運賃は、旅規の規定どおり計算されている。例えば、456-473キロは

=round(round(14.1*(464-273)+17.8*91+21.6*182,-2)*1.1,-1)=9,020

で、運賃表と合致する。

第77条の6第1項第2号の「第77条第1項並びに同条第2項の規定」は、第77条の5第2項の「別表第2号イの4に定める営業キロ区間別に各その中央の営業キロのものを適用する」を北海道の地方交通線に適用するものであるから、確かに「前条第2項」だろう。

追記2(10月23日):バスさんの再コメントで質問の意味が分かった。第77条の4(JR九州の幹線運賃)第1項第2号の地帯別賃率表に「100 キロメートルを超え、300 キロメートル以下の営業キロ」と書かれているが、第77条の2(JR北海道の幹線運賃)第1項第2号は「100 キロメートルを超え」とは書かれていないことについてだった。

第77条の4が制定されたのは、三島会社の運賃改定があった1996年1月。第1項第2号の見出しは「営業キロが100 キロメートルを超える場合」なのだから、賃率表の第1地帯で、これを繰り返す必要はなかった。本州幹線や地方交通線も、10キロまでは運賃を特定する対キロ区間制であり、賃率で運賃計算する対キロ制は10キロ超からである。しかし、第77条第1項第1号の賃率表の第1地帯に「10キロメートルを超え、300 キロメートル以下の営業キロとは書かれていない。JR北海道の77条の2はこれに倣っている。たしかに、77条の4との整合性がとれていないことから、運賃計算方法が異なると誤解される余地がある。

昨日の追記で書いた、第77条の6第1項第2号の「第77条第1項並びに同条第2項の規定」は、「並びに」の使い方もおかしい。過去の旅規を調べてみると、冊子版旅規の最後の刊行となった、日本鉄道図書2011年版では、正しく「第77条第1項及び前条第2項の規定」となっていた。

第77条の6はその後改定されていないのに、いつのまにか「第77条第1項並びに同条第2項の規定」となっている。推測だが、2011年以降現在までのどこかで、旅規担当者が第77条の2(JR北海道の幹線運賃)第1項第1号の「発着区間営業キロを次の営業キロに従って区分し、各その営業キロに対する賃率により、第77条第1項並びに同条第2項第3号及び第4号の規定を適用して計算した額とする。」をコピペして、「第77条第1項並びに同条第2項」としてしまったのではないだろうか。

 

*1:消費税額を四捨五入で計算する大阪電車特定区間も、6,050円であるが、運賃表は5,940円

旅規改訂履歴更新

消費税率改定に伴う旅規改定が施行された。旅規ポータルのJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)を更新した。運賃・料金の金額変更がほとんどで、疲れる作業だった。

現時点で、JR六社はウェブの旅規をすべて更新した。いつもはなかなか更新しない会社もあるが、最も重要な契約条件である運賃・料金が変わるのだから当然だろう。JR以外は、東急や京急など旅規のurlが変更になったと思われる事業者があり、チェックできていない。明日以降リンク集を更新するつもり。

本館のJRの運賃計算ルールは複雑すぎる鉄道事業者の運賃比較の新運賃版への更新もこれから。