京成成田空港新線の運賃体系

昨日の記事に書いたように、京成は国土交通省に成田空港新線の運賃(上限運賃)を申請した。京成のサイトにリリース文が掲載されている。
新空港鉄道に関連する鉄道事業者は、次のように複雑である

区間 第1種事業者 第2種事業者 第3種事業者
京成高砂−小室 北総鉄道 京成
小室−印旛日本医大 北総鉄道・京成 千葉ニュータウン鉄道
印旛日本医大−接続点*1 京成 成田高速鉄道アクセス
接続点−成田空港 京成・JR東日本 成田空港高速鉄道

京成は、新たに第2種事業者としてスカイライナーと特急を運行する京成高砂−成田空港間51.4キロを成田空港線と呼称し*2、その運賃を本線とは別の対キロ区間制運賃とした。
報じられている京成上野・成田空港間の運賃1200円は、京成上野京成高砂間の250円に、京成高砂・成田空港間の運賃950円を合算したものである。1998年千葉急行電鉄の経営を引き継いで京成千原線としたときと同様、本線と乗り継いでもキロは通算されず、乗継割引も設定されない模様*3
筆者は、北総線及び京成本線の運賃との整合性をとりながら、都心と空港間の運賃を抑えるために、上野・日暮里と空港第2ビル・成田空港との間に特定運賃が設定されるだろうと予想していた。しかし、京成は極端な遠距離逓減運賃を採用することによって、これを実現した*4。グラフの青線は認可申請運賃、赤線はy = 200 x 0.4で、緑線はy = 170 x 0.45でプロットしたものである。

なお33キロまでの運賃は、現行の北総鉄道高砂・印旛日本医大間32.3キロ)の運賃と同じである。沿線自治体と合意した5%の値下げが反映されていない。リリース文には、

なお、成田空港線のうち、すでに北総線として営業している区間京成高砂〜印旛日本医大)については、実施運賃(値下げ運賃)を、別途届出により設定いたします。

と注記されている。現行運賃で上限運賃の認可を受け、届出で5%値下げした新運賃を実施することになる。リリース文を読む限り、運賃表を改定するのではなく、既存区間相互発着のみに特定運賃を設定する可能性が高い。

*1:成田市土屋附近。現行のJR成田線空港支線の分起点

*2:現在の京成本線は、京成上野・成田空港間なので、線路名称の改編が行われる模様

*3:現行の北総・京成・都営間の3線乗り継ぎ割引は引き続き適用されるものと思われる

*4:北総鉄道の現行運賃も、14キロ以上の勾配が緩くなった遠距離逓減運賃である