相鉄・JR直通線の運賃

国土交通省のサイトに掲載の報道発表資料に、2月27日付の興味深いリリースが。2019年度に開業する相鉄・JR直通線(西谷・羽沢横浜国大間)の運賃認可申請について、パブリックヒアリングを行うというもの。

相鉄は、基本運賃に以下の加算運賃を加えたものを申請したという。

  • 普通旅客運賃:30円
  • 通勤定期旅客運賃(1ヶ月):1,140円
  • 通学定期旅客運賃(1ヶ月):430円

区間営業キロは2.1キロであるが、いずみ野線の加算運賃と比べると、とくに通勤定期運賃の加算額がかなり高い。
一方、JR東日本2月26日付リリースで羽沢横浜国大駅からの運賃を発表した。羽沢横浜国大駅は、電車特定区間横浜市内駅及び東京近郊区間に含まれる。

西谷・渋谷間の運賃を現行の横浜経由の運賃と比較すると次のとおり。

経由 横浜(東急) 横浜(JR) 羽沢横浜国大(JR)
営業キロ 31.1キロ 36.1キロ 33.0キロ
6.9+24.2 6.9+29.2*1 2.1+30.9*2
普通運賃 450円 570円 730円
180+270 180+390 150+30+550
通勤定期運賃 16,980円 18,700円 21,820円
7070+9910 7070+11630 4870+1140+15810
通学定期運賃 6,660円 9,910円 10,140円
2470+4190 2470+7440 1620+430+8090

横浜・渋谷間の現行JR運賃は、東急対抗の特定区間運賃である。羽沢横浜国大・渋谷間に特定運賃は設定されず、現行運賃よりも大幅に高くなった。これでは、本命の相鉄・東急直通線が2022年度に開業するまで、新線に移行する旅客は多くないだろう。

追記(3月9日):コメントがあった基準規程149条の条文は、次のようになるのだろうか。めちゃくちゃ複雑だ。

  1. 羽沢横浜国大と、鶴見以遠(新子安又は国道方面)の各駅との相互間(鶴見・武蔵小杉・川崎・鶴見間)
  2. 羽沢横浜国大と、川崎以遠(蒲田方面)の各駅との相互間(鶴見・武蔵小杉・川崎間)
  3. 羽沢横浜国大と、尻手以遠(八丁畷方面)の各駅との相互間(鶴見・武蔵小杉・尻手間)

列車が新川崎に停車しないなら、「羽沢横浜国大と、新川崎駅との相互間(新川崎・武蔵小杉・新川崎間)」も必要だ。151条の分岐駅通過列車に対する区間外乗車ではないだろう。

追記2(3月14日):コメントがあったのであらためて考えてみたが、前追記の2と3は、149条の区間外乗車ではなかった。区間外乗車は券面経路から外れた区間の(往復)乗車を認めるものだが、2と3は券面経路に代えて他経路の乗車を認める他経路乗車(選択乗車)だった。羽沢横浜国大前・川崎間の乗車券の券面経路は羽沢・鶴見(東海道)川崎だが、この鶴見・川崎間に代えて武蔵小杉・南武線経由の経路を乗車を認めるので、他経路乗車(選択乗車)である。大都市近郊区間相互発着の普通乗車券による選択乗車は157条2項で認められている。

定期乗車券の他経路乗車としては、基準規程153条(定期乗車券による他経路乗車の取扱いの特例)がある。これは、三角形の2辺を券面経路とする定期乗車券を所持する旅客に対して他の1辺の乗車を認めるものである。羽沢・川崎間の場合、券面経路が短い1辺、実乗車経路が長い2辺となる。前例に従えば、同区間の他経路乗車は認められず、羽沢横浜国大前・武蔵小杉・川崎間の定期乗車券が必要になるのではないか。

前追記1に対し、現行の149条4号に追加できるというコメントがあった。現行の149条4号は、

鶴見、新子安、東神奈川又は川崎以遠(蒲田又は尻手方面)、国道以遠(鶴見小野方面)若しくは大口以遠(菊名方面)の各駅と、新川崎、西大井又は武蔵小杉以遠(武蔵中原又は向河原方面)の各駅との相互間(鶴見・横浜間、新子安・横浜間、東神奈川・横浜間)

である。券面区間が武蔵小杉・鶴見間、区間外乗車区間が鶴見・横浜間の全部または一部である。これに対し、前追記1の区間外乗車は、券面区間が鶴見・横浜間の全部または一部及び鶴見線方面、区間外乗車区間が鶴見・武蔵小杉間と異なり、同じ号で取り扱うことはできない。しかし、コメントで提案された

羽沢横浜国大と、新川崎又は鶴見以遠(新子安又は国道方面)の各駅との相互間(新川崎・武蔵小杉間又は鶴見・武蔵小杉間)

 は、149条の他の区間の表記と整合性が取れている。この場合、区間外の鶴見・武蔵小杉間の経路が往復ではなく、鶴見・武蔵小杉・川崎・鶴見という環状線経路でもよいかがカギになる。140条の特定分岐区間にこのような例がないが、東京近郊区間相互発着の選択乗車で可能なようにも思う。これが認められない場合は、コメントのように149条4号と併用すれば可能である。例えば羽沢横浜国大・大口間の乗車券では、羽沢・武蔵小杉・横浜・東神奈川・大口と乗車することになるだろう。

*1:品川・鶴見間は69条経路特定区間

*2:鶴見・羽沢横浜国大間は8.8キロで、現行の鶴見・横浜羽沢間よりも0.5キロ長い

鉄道事業者の運賃比較更新

鉄道事業者の運賃比較を更新、2018年12月版として掲載した。10月2日の万葉線、12月1日の北越急行の運賃改定を反映したもので、運賃ランキングをアップデートした。
北越急行は消費税の転嫁を除くと、開業後初めての値上げ。2015年の北陸新幹線金沢開業により、「はくたか」の通過がなくなり、大幅な収入減になった際も値上げせずにいた。今回10%の値上げで、運賃ランキングは得点順が34位から44位に、勝率順が37位から49位に順位を落とした。しかし、第3セクターの中では、えちごトキめき鉄道(JR運賃を踏襲)とIRいしかわ鉄道に続く3位で、あいの風とやま鉄道や特急・快速通過収入がある伊勢鉄道よりも運賃水準が低い。
万葉線は初乗り運賃を150円から200円に、各キロ帯も50円の値上げで、運賃ランキングは得点順が88位から150位に、勝率順が85位から150位に大幅に下がった。
追記(12月24日):コメントを受けて、黒部峡谷鉄道の新運賃を運賃ランキングに反映した。得点順位、勝率順位とも174位(高いほうから3位)で変更はない。脚注7、9も改訂した。

JR2019年春ダイヤ改正

昨日JR各社から2019年春のダイヤ改正が発表された。共同リリースで旅客列車関係の目玉とされているのは、次の8件。

  1. 東海道・山陽新幹線「のぞみ」の所要時間を短縮します
  2. 北海道新幹線青函トンネル内)の速度向上により所要時間を短縮します
  3. 上越新幹線E7系を投入します
  4. 山陽・九州新幹線「みずほ」を増発します
  5. 中央線特急の利便性を向上します
  6. 北陸線の特急を増発します
  7. 東海道山陽線に特急を新設します
  8. 7つの新駅を開業します

3の上越新幹線のE7系投入により、グランクラスが新設される。「なすの」などのグランクラスと同様、アテンダントによる軽食・ドリンク等のサービスはない。「E7系の投入により、新潟駅では「とき」と特急「いなほ」のすべての定期列車が同じ ホームでお乗り換えいただけます」というのは、新潟駅新幹線の11番ホームには今まで2階建てのE4系が入線できなかったということ?
5は、「あずさ」「かいじ」をE355系に統一し、自由席を廃止するという既報に加え、富士急行線直通の特急「富士回遊」と「中央ライナー」「青梅ライナー」に代わる特急「はちおうじ」「おうめ」の新設が発表された。すべてに座席未指定券が適用され、新宿・八王子間はライナー料金510円から特急料金の750円(事前購入)に値上げとなる。
7は、大阪・姫路間の通勤特急「らくラクはりま」。普通車指定席特急料金は次のとおり「J-WESTチケットレス」サービスを利用すると大幅に割引となる(11月30日リリース)。

区間 J-WESTカードあり J-WESTカードなし 通常購入 自由席特急券 自由席回数特急券
大阪〜姫路間 720円 1290円 1490円 970円 780円
大阪〜明石間 620円 1290円 1490円 970円 780円
大阪〜三ノ宮・神戸間 490円  970円 1170円 650円 560円

ダイヤ改正に合わせて新設される駅は、JR西日本おおさか東線の南吹田、JR淡路、城北公園通、JR野江のほか、梅小路京都西(JR西日本山陰本線)、糸島高校前(JR九州筑肥線)。また4月のJヴィレッジのグランドオープンに合わせて、JヴィレッジJR東日本常磐線)が臨時駅として開業する。一方JR北海道根室本線の直別、尺別、初田牛が廃止される。
目玉に取り上げられていない各社の発表では、JR四国の「高速バス(室戸・生見・阿南大阪線)との乗換により、阿南〜海部間の移動が便利になります!」が興味深い。牟岐線の一部列車を阿南駅どまりとし、徳島バスの阿南〜海部間のバスに接続したダイヤが示されているが、JR運賃は適用しない。徳島県が進めている牟岐線阿佐海岸鉄道DMV化の布石だろうか。

中央本線特急の自由席廃止

JR東日本は、10月30日付リリースで、2019年春から中央線の特急の自由席を廃止すると発表した。新型車両(E353系)への統一を機に、千葉・東京・新宿〜甲府・松本・南小谷間を運転する特急「あずさ」・「かいじ」などの普通車全車両に、「座席未指定券」*1を導入する。特急料金は、通常期、繁忙期、閑散期の区分を廃止、事前料金と車内料金に格差をつける。いずれも常磐線の「ひたち」・「ときわ」で実施しているものと同じ。
新体系の特急料金は常磐線の特急料金と同額で、現行料金と比較すると次のとおり。

営業キロ-50-100-150-200-300-400
新料金事前料金7501,0001,5502,2002,5002,850
車内料金1,0101,2601,8102,4602,7603,110
現行料金通常期指定席A料金1,2701,7002,3502,6802,9003,110
通常期指定席B料金1,0301,4501,8602,250
自由席A料金7501,1801,8302,1602,3802,590
自由席B料金5109301,3401,730

B料金は竜王まで。中長距離区間では値下げだが、近距離区間で自由席を利用していたユーザーにとっては値上げとなる。とくに同時に発表された「あずさ回数券」の発売終了*2の影響が大きい。新宿・松本間の「あずさ回数券」の1回あたりの運賃・料金は4,630円だが、新料金体系では運賃込みで6,500円、40%の大幅な値上げとなる。「えきねっとチケットレスサービス」が利用できるというが、100円の割引にとどまり、焼け石に水

  • 中央線特急の「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」については、新たな料金設定にあわせて、新価格で発売します。
  • 早めのお申込みでさらにおトクになる「お先にトクだ値(乗車券つき)」を新たに発売します。

とのことだが、価格は発表されていない。毎日新聞は、

来春からはインターネットによる新たな割引サービスも始める。乗車13日前までに予約をすれば料金は3割安となり、あずさ回数券よりも安くなる。

と書いているが、本当だろうか。他紙*3には出ていない。
2014年11月3日の記事で「ひたち」・「ときわ」の新特急料金体系について書いたが、コメント欄に常磐線ユーザーからのクレーム投稿が相次いだ。中央本線ユーザーの反応はどうだろうか。

*1:旅規の用語では、第3条第9号の2で定義する「未指定特急券

*2:これも常磐線の「座席未指定券」導入時に各種とくとくきっぷが廃止されたのと同じ措置

*3:日経信濃毎日新聞など

タッチでGo!新幹線

JR東日本ICカード乗車券で新幹線自由席が乗車できるタッチでGo!新幹線の詳細を発表した(1月25日付リリース)。
サービスエリアはSuica首都圏エリアに相当する、東北新幹線那須塩原上越新幹線上毛高原北陸新幹線安中榛名までの区間東海道・山陽新幹線のスマートEXは登録したクレジットカードで決済するが、「タッチでGo!新幹線」はICカード乗車券のSFから減額する。
4月1日のサービス開始から「当分の間」は、新幹線の運賃と自由席特急料金の合計額から最大240円を割引く*1。しかし、在来線を乗り継ぐ場合は在来線区間IC運賃を別途減額し、東京山手線発着の運賃も適用されない。そのため、

在来線を含むご利用区間によっては、「タッチでGo!新幹線」ご利用のお値段が「タッチでGo!新幹線」を利用しない場合の精算額よりも高額になる場合があります。

と注記している。むしろ、窓口での乗車券類購入が不要になる利便性を売り込んでいる*2
「タッチでGo!新幹線」のサービス開始に伴い、新幹線自由席回数券の発売が2018年12月22日で終了する*3。東京(山手線内)・小山間の新幹線自由席回数券の1枚当たり2,980円に対し、「タッチでGo!新幹線」で渋谷・小山間を乗車すると、東京乗換3,694円(194円+3,500円)、上野乗換3,284円(194円+3,090円)。2015年3月の常磐線の座席未指定券導入時にひたち回数券、フレッシュひたち料金回数券及び定期券用月間料金券が廃止されたのと同様の措置で、リピーターにとっては痛い。

*1:大宮・小山間や上野・熊谷間など無割引の区間もある

*2:初回のみ事前の利用登録手続きが必要

*3:旅規第41条の2の急行回数券は1992年9月25日の改定で廃止されたが、特別企画券として発売されている

東急の12か月間定期券

東急は、3月17日から有効期間が12か月の定期券を発売する、鉄軌道旅客運賃の設定認可申請を行った(1月9日付リリース)。「定期券の多発期を分散させることにより定期券売り場などの混雑を緩和するとともに、購入回数の減少によるお客さまの利便性向上を図る」ことを目的としている。
運賃は1か月定期券の1割引で、現行の6か月定期券の割引率と変わらない。ただし、どちらも10円未満の端数を切り上げるので、6か月定期運賃の2倍額より10円安くなるキロ帯がある。
他社に先駆けての発売なので、連絡定期券は発売せず、利便性は疑問である。PASMO協議会などで、連絡運輸各社と調整できなかったのだろうか。
追記(2月3日):コメントがあった国鉄の12か月定期について、旅規を調べてみた。1966(昭和41)年3月5日の改定*1で、第35条(通勤定期乗車券の発売)に第2項が挿入され、

2 前項の規定によるほか、6箇月の通勤定期乗車券を継続して同時に購求する旅客に対しては、これを2倍して通用期間を12箇月とした1枚の通勤定期乗車券を発売することがある。

と規定された。別表第1号の2イの2(鉄道の大人通勤定期旅客運賃(2等))に12箇月定期の運賃は記載されておらず、「これを2倍して」は運賃を意味していると思われる。
コメントのとおり、1968年4月1日の旅規改定で第35条2項は削除されている。

*1:この日の改定で、普通定期券が廃止され、通勤定期券に一本化された

あしかがフラワーパーク駅

JR東日本高崎支社が、2018年4月1日両毛線富田・足利間にあしかがフラワーパーク駅を開業するとリリースした。駅所在地が小山起点32km0mと記載されているだけで、営業キロを設定するかどうか不明だが、当面の間運賃は富田駅営業キロにより計算する。2016年3月26日開業した小田栄駅川崎新町駅営業キロによるのと同じ特例。あしかがフラワーパーク富田駅相互間乗車にSuicaが使えず、乗車券を購入する必要があるのも小田栄駅と同じ。一方、小田栄駅と同日開業の石巻あゆみ野駅、2017年4月1日開業の郡山富田駅にはこのような特例はない。
小田栄駅の特例の理由として、「需要動向把握と適切な駅整備を図ることを目的とした社会実験駅で、常設駅ではないから」と説明されていたが、営業キロが設定され、旅規86条の横浜市内駅にも追加されている。実際は、Suicaのソフトウェア改修のコストを抑えるためということがいわれていた。PAGEというサイトのJR東日本の小田栄駅開業で注目「戦略的新駅」ってなに?という記事によると、小田栄駅の設置費用はJR東日本川崎市が折半したが、約5.5億円と従来より一桁少ないという。その理由のひとつとして、「運賃計算システムの改修費用を節約するため、運賃計算上は小田栄駅を隣の川崎新町駅と同じ駅という扱いにした」と書かれている。「当面の間」とは2019年10月の消費税増税による運賃改定時までということだろう。石巻あゆみ野駅郡山富田駅も仙台Suicaエリアにあるが、首都圏Suicaエリアと比べて駅数が少なくソフトウェア改修コストは許容できる範囲ということか。
ところで、リリースに記載されていない、あしかがフラワーパーク・富田間の乗車券の運賃はいくらなのか。レスポンスの記事運賃は「隣の駅」と同じ…両毛線新駅「あしかがフラワーパーク」2018年4月1日開業によると

富田〜あしかがフラワーパーク間のみ乗車する場合は、富田〜足利間7.1kmを基準に運賃額を計算。普通運賃(大人)は200円だ。

とある。あしかがフラワーパーク営業キロが設定されない「駅と駅との中間に旅客の乗降を認める乗降場」であれば、旅規71条1項1号を適用して、外方駅までの運賃でよい。小田栄は正式の駅だが、小田栄・川崎新町の運賃を外方の川崎新町・浜川崎間で計算されても、初乗りの140円だから大きな問題ではなかった。しかし、あしかがフラワーパークの場合は0.9キロの乗車で7.1キロ分の運賃が課されることになる。運賃徴収の根拠を旅規できちんと規定する必要がある。
追記(12月19日):基準規程で特定運賃を規定するのではとのコメントがあったので、あらためて本件の旅規と基準規程の条文を掲げておく。

営業キロを定めていない区間の旅客運賃・料金の計算方)
第71条 営業キロを定めていない区間について旅客運賃・料金を計算する場合は、次の各号による。
(1)駅と駅との中間に旅客の乗降を認めるときは、その乗降場の外方にある駅発又は着の営業キロによる。ただし、別に定める場合は、その乗降場の内方にある駅発又は着の営業キロによる。
(後略)

基準規程の条文は、2016年5月10日の記事で紹介した「叩け!マルス」の5月3日記事による。

営業キロを定めていない区間の旅客運賃・料金の計算方の特例)
第110条の2 規則第71条第1項第1号ただし書の規定は、小田栄駅八丁畷以遠(尻手方面)の各駅相互間の旅客運賃・料金を計算する場合に適用する。

この条文にあしかがフラワーパークを追加すると

小田栄駅八丁畷以遠(尻手方面)の各駅相互間及びあしかがフラワーパーク駅と佐野以遠(岩舟方面)の各駅相互間の旅客運賃・料金

となり、これにあしかがフラワーパーク・富田間の特定運賃を加えると、かなり複雑になりそう。
また、小田栄駅は「駅と駅との中間に旅客の乗降を認める乗降場」ではなく、86条の横浜市内駅にも記載されている正式な駅*1であるという不整合は解消しない。

*1:基準規程110条の2でも小田栄駅といっている